自己破産の相談費用<借金解決のために必要な料金は?>

着手金などの費用を安くしたい

自己破産する場合、普通は誰かに依頼してやって貰います。自分でやることも出来ますけど、かなり複雑です。

 

滞りなく出来たら、弁護士になれるってくらい大変です。

 

大体の人が依頼してやって貰いますが、この費用が結構掛ります。

 

死人にムチ打つような気もしなくもありませんけど、お仕事なので甘んじて払いましょう。

 

かかる費用は3種類

 

弁護士さんに依頼した場合、払う費用は3種類に分かれます。

 

実費、着手金、そして報酬です。

 

実費

 

実費と言うのは、収入印紙とかの国に払うお金です。

 

自分でやっても掛りますから、避けれない出費ですね。

 

2~4万円ぐらい掛ります。

 

裁判所に払うお金は、場所によって、高いとこと安いとこがあります。

 

着手金

 

着手金は、最初に依頼する証拠にするお金です。

 

ほとんどの弁護士事務所で請求される物です。自己破産の場合、
20~50万ぐらいが普通でしょうか。

 

もっと低い事務所もあります。結構かかりますよね。

 

報酬

 

報酬は、弁護士さんへのお支払です。

 

ボランティアでやっている訳ではありませんから、これを払わないことは出来ませんね。

 

相場としては、これも20~50万ぐらいだと言われます。

 

着手金もそうですが、事務所や弁護士さんによってピンキリとも言えます。

 

あまり安すぎても不安ですから、ちゃんと見極めましょう。

 

依頼する弁護士事務所の選びかた

 

着手金は分割で受け付けている事務所にするといいです。

 

また、報酬なども含めての訴額での金額を明記している事務所を選びましょう。

 

弁護士さんの人となりを見極めることも必要なので是非、無料相談などを利用して弁護士さんとコミュニケーションをとってみてください。

 

お金返せなくて自己破産するのに、結構なお金が掛ると言うのも、ちょっと引っかかる気もしますが、
自分でも出来ますから、どうしてもイヤならそっちでも良いかも知れません。

 

でも弁護士の方は、皆さんプロですから全部任せても平気です。

 

そう何度もやることでは無いですから、お任せするのも十分ありです。

 

 

債務整理は自己破産だけではありません。、

 

個人再生、任意整理などその人の借金額や返済能力に応じて対応が変わります。