自己破産の相談費用<借金解決のために必要な料金は?>

財産が差し押さえになったらどうすればいいのか?

財産の差し押さえをくらってしまったら、先ずは弁護士に相談しましょう。

 

債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)の実績の多い弁護士事務所に相談することで、的確なアドバイスを頂くことができます。

 

借金問題は周りへの後ろめたさから、1人でどうにかしてしまおうとする人もいますが、

 

状況が財産の差し押さえまできてしまうと、1人でどうにかするのは非常に難しいです。

 

1人で長いこと思い悩んで、自己破産しかないと思いつめるよりは、
弁護士への無料相談などを利用して、1分1秒を無駄にせず的確な対処をしていきましょう。

 

自己破産のデメリット

 

自己破産をして得られるメリットというのは、借金が帳消しになるということくらいです。

 

これが最大の、そして唯一のメリットでもあります。

 

借金が帳消しになるというメリットは確かに大きいのですが、それと同じくらいにデメリットもあるのです。

 

まずは、官報に掲載をされます。

 

官報に掲載をされるというのは、必ずしもいい思いをするものではありません。

 

官報に掲載をされるということは、それが周知の事実となってしまうということなのです。

 

もし近所の人で官報を見ている人がいれば、自己破産をした人だという風にばれてしまいます。

 

自己破産をした人というのは、どういった理由であれいい印象をもたれません。

 

特に、お金の面に関してはルーズな人、というレッテルを張られてもおかしくはないのです。

 

家などは没収されてしまいますが、仮にアパート暮らしであったとしても、居心地が悪くなるのは言うまでもありません。

 

自己破産をしてしまいますと、その瞬間だけではなく、その人生においてもデメリットが付きまといます。

 

信用を伴う契約というのが非常にしにくくなります。

 

住宅を購入する際の住宅ローンが通らないのはもちろんのことです。

 

自動車を購入する際のローンも通らないでしょう。

 

携帯電話の割賦契約もできない可能性がきわめて高いです。

財産差し押さえの対処法|弁護士への無料相談記事一覧

給与差し押さえになった場合の対処法

給与が差し押さえになってしまったら、おそらく借金問題がっ最終段階にまできていることが予想されます。というのも、債権者側にとって差し押さえという手段は最終の手段のようなものなのです。対して、債務者側の最終手段は、自己破産など考えられます。しかし、自己破産は債務整理の中の一手段にしかすぎません。債務整理...

≫続きを読む