自己破産の相談費用<借金解決のために必要な料金は?>

自己破産の前に無料相談をすべき理由

期間を延長しても借金返済がどうしても出来ない場合や、減額措置を取っても全額返済できない場合は、自己破産の方法を考慮するのは妥当です。

 

まず自己破産を決意する前に、自己破産デメリットへの理解を深めてから、一度弁護士・司法書士事務所を頼って、今後について相談してみるのが最善の手順になります。

 

相談する事務所の選びかた

 

正直、債務整理の相談を受け付けている法律事務所は山ほどあるので、事務所の規模や掲げている理念などを重視して安心して相談できる所を探すのが良いでしょう。

 

まず相談窓口として避けるべきなのは整理屋と提携している弁護士や司法書士です。

 

このような人達は殆ど悪徳な手段を使う事が多く、借金返済の解決に至らない上に余計に複雑化してしまうリスクがあります。

 

このような事務所は、頻繁にスポーツ新聞の片隅によく掲載されているので、注意する必要があります。

 

更に、自己破産以外にも様々な民事・刑事問題を扱っていて、多くの案件を兼務する事務所もあまりお勧めしません。

 

なぜなら、自己破産に関する知識・手続きが運悪く未熟なケースもあり、債務整理に着手するまでに余計な時間がかかってしまう可能性があるからです。

 

ですから、できるだけ自己破産に関する案件が専門分野且つ経験豊富で、法律に関する知識も素人に分り易い言葉で解説してくれる相談員のいる所。

 

そして対等にコミュニケーションが取れる事務所が相談窓口として最適です。

 

あと、重要なのは着手金を含めた報酬の設定も明確に示している所が良いです。

 

お勧めなのは、ホームページに費用一覧表を掲載してたり、債権社数が多くても費用が一律に近い所は良心的な事務所です。

 

また、実際の事務所内や相談員の顔写真などを載せている所だと、何事でも相談・質問しやすい雰囲気かどうかもある程度知る事ができます。

 

相談ならば無料でできるところも多くあるので、是非積極的に活用してみてください。

 

弁護士などのプロに依頼することで得られるメリット

 

自己破産を出来る可能性を上がることがメリットでしょう。

 

この自己破産は誰でもが出来るものではなく、かつ自分でやると時間が余計にかかってしまいます。

 

債権者からの取り立てが頻繁にありストレスを感じてるならば、

 

弁護士に依頼することで大きな債権者からの執拗な取り立てをやめさせることもできるので、相談するメリットは十分にあります。

 

とにかく先ずは相談

 

まずは直接、弁護士・司法書士事務所に出向く前に、メールや電話で簡単な質問をしてみて、そこで誠実な対応をしてくれるかを判断するのが良いでしょう。

 

今は市町村の自治体でも簡易な債務整理の相談窓口を受けている所もあるので、そちらも当たってみるのも良い方法です。