自己破産の相談費用<借金解決のために必要な料金は?>

給与が差し押さえになってしまったら

給与が差し押さえになってしまったら、おそらく借金問題がっ最終段階にまできていることが予想されます。

 

というのも、債権者側にとって差し押さえという手段は最終の手段のようなものなのです。

 

対して、債務者側の最終手段は、自己破産など考えられます。

 

しかし、自己破産は債務整理の中の一手段にしかすぎません。

 

債務整理には自己破産の他に、個人再生、任意整理など復習返済救済システムがあります。

 

1人で悩んでいると、最善の対処法がわからず、不安と焦りだけが募っていきます。

 

先ずは、借金問題の専門家への無料相談を利用することをおすすめします。

 

弁護士などの専門家から、客観的なアドバイスを頂くだけで、差し押さえの問題にも冷静に対処することができます。

 

債務整理の中から1番的確な対処法を見つけてくれるので、是非活用してみてください。

 

自己破産をするとどうなるのか?

 

借金が膨らんでしまい、どうしようもないような状態になると、とるべき選択肢というのは限られてきます。

 

ある程度借金が少ない状態でしたら、過払い金の返還請求をするという手もあります。

 

しかし、あまりに借金の金額が多いと、過払い金が戻ってきたくらいではどうしようもなりません。

 

債務整理などの手段もありますが、それとて借金を支払い続けなければなりません。

 

そうしても身動きが取れないような状態になったとき、最後の手段としてとられるのが、自己破産というものです。

 

では、自己破産になるとどうなってしまうのでしょうか。

 

自己破産になると、借金は全て帳消しになります。

 

元金はもちろんのこと、それにかかる利息も完全に帳消しになります。

 

だからといって、安易に自己破産というものを考えてはいけません。

 

自己破産をすると、自分の財産は全て手放さないといけません。

 

家はもちろんのこと、車なども財産といえますので、それらも手放さないといけないのです。

 

さらに、新たに住宅ローンを組もうと思っても、住宅ローンの審査で通ることはまずありません。

 

しかもそれは、自己破産をしてから数年経過しても効力が続いているのです。

 

他にも、クレジットカードの新規申し込みができないなどのデメリットが考えられます。