自己破産の相談費用<借金解決のために必要な料金は?>

自己破産を分割払いにしたい。

自己破産費用について、自己破産の着手金は一括でしか受付していない事務所と、

 

分割でも受けている事務所があります。

 

この差はかなり大きいので、事務所を選ぶ時は慎重に選びましょう。

 

着手金を分割払いできるか調べましょう。

 

弁護士に自己破産の依頼をする時は、着手金が分割払いができるのかをチェックしておくことと、

 

自己破産成立後の報酬までを含めた、総額の料金がいくらなのかをHPなどで見ておくことを忘れないで下さい。

 

電話相談もしておくとよい

 

事前に弁護士事務所に電話相談もしておくことをおすすめします。

 

弁護士と自分の相性もありますし、

 

この人なら任せられるといった信頼関係も重要です。

 

是非、直接やりとりして判断するとよいでしょう。

 

相談なら無料の事務所も多いので是非、積極的に無料相談を活用しみて下さい。

 

自己破産せず、借金を解決した事例

 

自己破産だけが、借金解決の手段とは限りません。

 

こんな例もあるので参考までに見てみて下さい。

 

借金の原因は

 

私はどうしても欲しかった限定モデルの車があったため100万円の借金してしまいました。

 

返済するあてが無いまま購入してしまったため消費者金融から借りるしかありませんでした。

 

時折返済期限を守れないときがあったため、そのつど消費者金融からの暴言に苦しみました。

 

また、返済期限はまだ先にも関わらず消費者金融の方から電話が来ては、今度返済を遅らせたらこの情報を他の金融機関に流すぞと脅しのような暴言を受けたこともございます。

 

借金返済をするために

 

仕事の後にアルバイトを入れて解決しました。

 

通常、仕事が終わるのが19時でしたので20時から深夜1時まで働いていました。

 

そのため睡眠時間が4時間ぐらいで、いつもふらふらな状態で仕事に通っていました。

 

また、自身の持っている不要な商品を売却したりし、お金をなんとか作りました。

 

そしてどうしても返済が難しい場合、友人に頼み込んで借金をして、

 

そのお金を消費者金融に返すと言う自転車操業を行っていたことは今でも覚えています。